CrenaHtml2jpg

[CrenaHtml2jpg] WEBサイトキャプチャーツール



  ・CrenaHtml2jpgは、URLを指定して、その画面をキャプチャーするツールで、長いページも、1枚の画像に保存できます。
  ・コマンドラインにも対応していますので、スクリプトからCrenaHtml2jpgを呼び出して連続して、サイトの画像を取得できます。
   CrenaHtml2jpg-v1.20.zip  474kバイト  [2009/06/13] 
   Vectorレビュー
   窓の杜レビュー


GUI操作画面
 
  ●800x600 ⇒ 117x90で取得
  
  ●800x∞ ⇒ 200x∞で取得(1ページ全体を自動キャプチャー)
  
・「フルスクリーン自動取得」をチェックすると、縦サイズは∞となり、
 1ページ全体を自動でキャプチャーできます。
・「遅延」秒数を入力すると、サイトアクセス後、指定の秒数待ちます。
 gifアニメ、FLASH,Silverlight等の動画に対して有効です。

 (flash player 10.x 以降で、「遅延」秒数を指定しても2FPSで再生されるため、
  実際の時間よりも10倍以上の設定が必要です。これを回避するには、mms.cfg
  に、FullFramerateWhenInvisible = 1を記述します。
  方法はこちら
  尚、この方法を適用すると、IEでフラッシュを参照して別タブを
  開いた時や、最小化して隠れても、裏で通常の速度で再生されます。)

・コマンドラインからも実行できます。
  
  ※GUI動作時のみ、ソフト広告が配信されます。

コマンドライン実行
・DOS窓からオプションを付けることによりコマンドラインで動作します。
・ポップアップ、JAVASCRIPTエラー等のダイアログボックス表示は、抑止していますのでサイレントで実行可能です。

※コマンドライン実行時には、ソフト広告配信は動作させていませんので、バッチ取得やサーバ組み込み等の場合は
従来どおりご利用可能です。

例) C:\>CrenaHtml2jpg -otest.jpg -fjpeg -w800x600 -s117x90 -q92 -t25 -uhttp://www.yahoo.co.jp
   [オプションパラメータ一覧]
   ----------------------:-----------------------------------------------------------------------------------
    オプション      : 使用例
   ----------------------:-----------------------------------------------------------------------------------
     -u: URL            : -uhttp://www.yahoo.co.jp
     -o: 出力ファイル    : -oc:\temp\picutre.jpg , -o"C:\Documents and Settings\sample test1.jpg" 
     -f: 画像種類        : -fjpeg , -fgif , -fbmp , -ftiff , -fpng 
     -b:         :  色深度24bitでとりたい時          (デフォルトは32BPP)(BMPに有効)
     -h:補間種類       : -h0 バイキュービック法 (デフォルト:おすすめ)
                         : -h1 バイリニア法 
                         : -h2 システム
                         : -h3 埋め込みサムネイル (GetThumbnailImage)
     -w: 画面サイズ      : -w800x600 -w1024x716 -w800x1200  (数字は任意)
     -s: ファイル出力サイズ: -s117x90 -s117x180               (数字は任意)
     -q: 画質      : -q92 (数字は任意)  jpegの時のみ有効
    -d: 解像度          : -d72 (数字は任意)  DPI解像度の指定(GIF以外に有効) 
     -t: タイムアウト    : -t25 (数字は任意) (秒) 最大待ち時間
     -l: 遅延時間        : -l5  (数字は任意) (秒) 遅延時間
     -i:                 : -l指定時、1秒間隔で、コマ撮りする。(ファイル名に自動連番が付加されます。)
    -e:                 : ファイル名にLast Modified日とフルスクリーンのサイズ(YYYYMMDDHHmmSS_x_y_)を付加する
     -a: 自動連番付加    : -a5  (数字は任意) 同ファイルが存在する時、ファイル名に連番(5桁)を付加する 
    -p:                 : フルキャプチャー(1枚にスクロールせず全てキャプチャー)
     -r:                 : 縦横比率を維持、出力の縦サイズは、自動計算されます。
   ----------------------:-----------------------------------------------------------------------------------
バージョン履歴・ダウンロード

CrenaHtml2jpg-v1.20.zip  474kバイト (116268) [2009/06/13] 
 ・遅延時間及びタイムアウト時間の設定最大時間を60秒から180秒まで有効になるように変更しました。
 ・CrenaHtml2jpg-v1.19.zip [2007/01/19]
※本体に変更はありません。
 ・CrenaHtml2jpg.ini修正 v1.18で添付修正していなかった。
 ・proccmd.exe(汎用プログラム起動ツール)でタイムアウトスレッド破棄時、強制的に起動したプログラム
  を終了させる。(サーバ組み込みで、proccmdを使用しプロセスが残った場合がありましたが解消されました。)
CrenaHtml2jpg-v1.18.zip [2007/01/11]>
 ・Windows Vistaで、リンク時の指カーソルアイコンが表示されないバグ修正
 ・CrenaHtml2jpg.ini中のデフォルト出力 c:\を削除した。(Vistaでは、c:\直下は通常ファイル出力禁止)
 ・その他、エラーメッセージ、ツールチップ表示の追加。
 ※Windows Vista動作確認済みバージョンです。
CrenaHtml2jpg-v1.17.zip [2007/01/04]
 ・起動時、ステータスに”停止しました。”の表示をしないようにした。
 ・SleipnirのURLアイコンのドラッグ&ドロップに対応しました。
 ・フルスクリーン自動取得時、元サイズ1,縮小サイズ1を指定時、縦横サイズ自動取得で、原寸大で出力するようにした。
 ・ソフト広告配信の実装 
CrenaHtml2jpg-v1.16.lzh [2006/11/15]
 ・Proxy認証サーバ経由のアクセスに対応しました。
 ・Basic認証サイトもキャプチャーがとれるように対応しました。
Crenahrml2jpg-v1.15.lzh [2006/09/12]
 ・Google Maps APIを使った地図表示サイトでキャプチャーがとれないバグ修正。
Crenahtml2jpg-v1.14.lzh [2006/06/21]
 ・漢字または、%xxを含むURLを正しくキャプチャーできないバグを修正。
CrenaHtml2jpg-v1.13.lzh [2006/02/25]
 ・GUIモードで、連続してキャプチャーすると、メモリーを消費するバグを修正。
CrenaHtml2jpg-v1.12.lzh [2005/12/05]
 ・高品質の補間モードで、左側、上部に線が出るバグを修正した。
CrenaHtml2jpg-v1.11.lzh [2005/10/30]
 ・補間方法を指定できるようにした。
 ・縦横比率を固定できるようにした。
 ・コマ撮り指定で、無限ループになる場合があるバグ修正。
 ・その他、細かいバグ修正。
CrenaHtml2jpg-v1.10.lzh [2005/10/25]
 ・1秒間隔で、コマ撮りできるようにした。
 ・画像種類選択でファイル拡張子を切り替えるようにした。
CrenaHtml2jpg-v1.09.lzh [2005/10/16]
 ・ファイル出力で、出力ファイルが存在した場合、ファイル名に自動連番を付加できるようにした。
 ・DPI(解像度)を指定できるようにした。
 ・ファイル選択、停止後、サイズ等の設定値が元に戻るバグ修正。
CrenaHtml2jpg-v1.08.lzh [2005/9/17] 
 ・自動フルキャプチャー時、縮小倍率が整数でないとき縦横比率がおかしいバグ修正。
CrenaHtml2jpg-v1.07.lzh [2005/9/10]
 ・画像種類がBMPの時、色深度(24bit)を選択できるようにした。指定無しは、32bitとなります。
  (画像ツールで、BMPファイルが読み込めないとき、24bitで保存すると読み込めます)
 ・表示中の画像ファイルをロックしていましたが、ロックしないように変更しました。
 ・メモリー開放のバグ修正。
CrenaHtml2jpg-v1.06.lzh [2005/8/21]
 ・URLにhtmlファイル名を指定した時ファイル名に空白(%20,+)が入っていてもURLデコードしてキャプチャーできる
  ようにした。
 ・ファイルのドラッグ&ドロップ及びIEのURLアイコンのドラッグ&ドロップに対応しました。
CrenaHtml2jpg-v1.05.lzh
 ・1ページを1枚の画像ファイルに自動キャプチャーできるようにしました。(-pオプション)
 ・設定ファイル(ini)の設定保存バグ修正。
 ・設定ファイルの参照順を0:カレント 1:windows system 2:プログラム実行ディレクトリーにした。
 ・出力ファイル名にHTMLのLast Modify日、フルスクリーンの幅、高さ
  (YYYYMMDDHHmmSS_x_y_)を、付加できるようにしました。(-eオプション)
 ・未証明のSSLサイトをアクセスすると、アプリケーションエラーで落ちるバグ修正
CrenaHtml2jpg-v1.04.lzh
 ・画面キャプチャーサイズは従来、最大デスクトップ画面でしたが、この制限を外し、
  デスクトップ画面よりも大きいサイズでも画面キャプチャーできるようにしました。
CrenaHtml2jpg-v1.03.lzh
 ・コマンドライン指定時、ファイル名に空白を入れると、空白で途切れるバグ修正。
 ・タイトル表示に、サイトの<title>文を表示するようにした。
 ・コマンドライン戻り値変更:-1=タイムアウト、1以上フレームアクセス数。
CrenaHtml2jpg-v1.02.lzh
 ・tiff,png対応。MFCライブリーを静的リンク。遅延処理修正。
CrenaHtml2jpg-v1.01.lzh
CrenaHtml2jpg-v1.0.lzh [2005/06/26]
ブックマークメモ